霊園探しに必要最低限の知識とは

お墓はどこにでも自由に作れるというものではなく、墓地に指定された土地である必要があります。このため、お墓を作るさいの選択肢としては寺院や地域の墓地と霊園があります。墓地の場合には檀家であることや地域に住んでいるといった条件があるなど何かとハードルの高いものです。一方で霊園でも民営のものであれば比較的容易にお墓を作ることができますし公営の霊園の場合にはその性質上、費用が安い傾向にあります。いずれも永代使用料という形で土地の一角を借り受けて墓を作ることになりますが、霊園の場合には予めルールがしっかりと決まっているので、余分な出費がないメリットがありますが、寺院の墓地の場合には、寺院を修繕するさいなどに寄付を求められるケースがあります。このためお墓だけを欲しい場合には霊園を利用するのが無難です。

お墓を作るには。寺院の墓地と霊園の違いについて

お墓を作るためには、墓地に指定されている土地の一角を借りて作る必要があります。一般的に墓地は寺院などの境内にあるものや地域が共同管理しているものなどがあります。いずれも所有者の許可を得てお墓を作ることが出来ますが、寺院が管理する墓地は檀家になる必要があったり、寄付や修繕費の負担を求められるケースもあります。地域で共同管理している場合にも利用出来る条件が地域に住んでいるなどの理由が必要です。また墓にしても仏教徒であることや、仏教徒でも宗派によって作る制限があるケースもあるなど、何かと制限の多いものです。一方で霊園は墓地の中でも宗教や地域といった条件を超えてお墓を作ることができるものが多いものです。特に民営霊園の場合にはさまざまなサービスが付与されるなどメリットが多くあります。

霊園のメリットと利用するさいの注意点

霊園といって民営と公営の2つがありますが、共通しているメリットは宗教や国籍の制約が少ないことです。民営霊園のメリットは、区画面積や墓石のデザインなどは自由に選ぶことができますし、駐車場が整備されているところも多く、またホールなどの設備があり法事を行うことができるところもあります。一方で民営の場合には公営に比べると永代使用料や管理費などが高い場合が多いことがあります。公営霊園の場合には、その性質上、利用料が安いものですが、区画の面積や墓石のデザインなどの制限を受けることがあります。また民営霊園や寺院の墓地では生前購入が可能ですが、公営霊園では人気があるため、生前購入ができないこともありますし、応募多数の場合には抽選であるため、すぐにお墓を作りたいといった場合には不向きです。